小岩駅スグの糖尿病外来・内科・脳神経外科|江戸川区西小岩のクリニックです。

メディカルプラザ小岩駅には、糖尿病専門のクリニックとして、以下のような特徴があります。

外来でのインスリン注射の導入

 糖尿病のコントロールが悪いとき、血糖値が非常に高い場合には、糖毒性という現象がみられることがあります。これは、高血糖自体が、インスリン(血糖値を下げる作用のあるホルモン)の分泌を低下させ、インスリン抵抗性(効きのわるさ)が高まるという状態です。この状態では、食事・運動療法や、内服薬による治療を行っても、血糖値の改善をはかりにくくなります。このような状態の場合、当院では、インスリン治療を積極的に導入しています。この結果、血糖値が低下し、本来の膵臓からのインスリン分泌の回復をみて、インスリンを中止でき、内服薬による治療や食事・運動療法のみの治療へ移行されるかたもいらっしゃいます。入院ではなく、外来でインスリン治療が導入できるのは、糖尿病専門のクリニックとしての当院の大きな特徴です。

 
 

フットケア

 糖尿病の患者さんのフットケア(足のケア)は大切です。初診の患者さんは必ず、靴・靴下をとっていただき、足の観察をさせていただいております。糖尿病の患者さんは、下肢の血管の狭窄や、神経障害、免疫能の低下などを背景として、足の病変(潰瘍・壊疽・蜂窩織炎)をきたしやすくなるからです。白癬菌感染(足・爪の水虫)、胼胝(タコ)、陥入爪(巻爪)のケアにも積極的に取り組んでいます。

 
 

栄養相談

 当院では、管理栄養士が、患者さんの栄養面でのサポートをしています。教科書的な、型通りのものではなく、その患者さんの病態やライフスタイル、嗜好にも配慮したものとなるよう、工夫をしています。
syokuji
 
 

充実した検査体制

 当院では、3階にある検査室で、血液検査(HbA1c、血算、生化学)・尿検査を実施、約40分で結果がでます。受診日の検査結果にもとづいて、リアルタイムに診療・栄養相談ができることは、生活習慣病クリニックとしての当院の特徴の一つです。また、同じ3階にMRIを設置、脳梗塞や血管病変の発見に、力を発揮しています。